駅+医療

医療プラットフォームを駅・駅前の利便性の高い場所に開設

スマートメディカルは「駅+医療」というコンセプトのもとで、駅と隣接した複数のクリニックとかかりつけ薬局を誘致したゾーンを企画・開発・管理しています。
超高齢化社会を迎えた我が国の重要な都市機能として「駅+医療」は地域・社会に貢献します。

医療機能分化→「一時医療=かかりつけ医」・「二次医療=病院」という医療連携を図り、患者の利便性を提供します。

通勤、通学、買い物、趣味、家族のケアなど、ヒトの生活導線上に、クリニック、健診センター、薬局、フィットネスクラブなどの施設を開設することにより、健康年齢の延伸、健康増進社会への貢献を目指します。

駅+医療 具体的コラボレーション事例

ヒューリックとの協業

スマートメディカルの主要株主でもあるヒューリック株式会社は「駅と未来に近いビル」という方針のもと、都心主要地域に積極的に事業を拡大しています。ヒューリックが所有する数々のビルに医療施設の開設に携わってきました。

これからも時代の変化に合わせ、新しい概念・特性を持ったヘルスケア事業を共創していく予定です。

【実績】
ヒューリック大森ビル・ヒューリック目白・メトロシティ六本木・ ヒューリック王子ビル・ヒューリック浅草橋江戸通・S-PAL仙台

パルコとの協業

常に最新トレンドを発信し、魅力ある街づくりを牽引してきた商業施設「パルコ」。錦糸町パルコ7階に、パルコとスマートメディカルの協業によるメディカルモールフロアを開設。

生活者の皆様に対し、買い物、食事を楽しむ店舗と共に「心と身体を思いやるソーシャルな空間」を提供しております。 パルコとは、今後も新しい概念・仕組みによるヘルスケアサービスの開発・提供にトライしていく予定です。

【実績】
錦糸町パルコ